ブラッシングブラシの選び方



ヘアケアでブラッシングに使用するブラシの材質には、ナイロン、ポリエチレン、獣毛(豚、イノシシ)、木、金属など、いろいろな材質のものがあり、形もさまざまです。

また、の中でも用途によって整髪用、ブラッシング用、育毛用と3タイプに分けられます。

髪質や用途によって使い分けることがポイントです。

ブラシは2本そろえておくのが理想的で、1本はシャンプー前や髪や地肌の汚れをとるときに使うブラッシング用、もう1本は髪を整えるときに使う整髪用とします。

ブラッシング用のブラシは、地肌までよく通る、毛足が長く粗いものを選びます。

毛先の形状は地肌を傷つけないよう、丸くカットされているものがよいでしょう。

材質は獣毛あるいはナイロンを選びますが、獣毛は髪の通りが悪いので、髪が多い人や、フケ、かゆみの多い人には向きません。

整髪用には髪の毛の固さに近い獣毛がよいとされています。

よいヘアケアのためにも、正しいブラシの選び方をしましょう。

タグ:ヘアケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。