ヘアケア方法とヘアケア商品−シャンプー部分洗いカテゴリの記事一覧

美容院で行っているシャンプー部分洗いのテクニック



シャンプーの本洗いの際に特に注意すべきことは、各部分をきちんと洗うことです。

かなりていねいに、全体を洗ったつもりでも、盲点になる部分があるものです。

ここでは、前項の本洗いの中でも特に配慮すべき箇所と、その洗い方を説明します。

ところで、これまでに正しいシャンプーの方法を予備洗い、本洗いと紹介し、さらにここで部分洗いを説明しますが、1つ気をつけなければならないことがあります。

それは、どの場合も「シャンプー剤は少なめに、洗髪は手早く、すすぎは念入りに」ということです。

シャンプー剤がいくら無害であるといっても、やはり、濃いものを多量に長時間つけておくことは考えものです。

シャンプーはできるだけ、合理的に手早く済ませましょう。

すすぎは、美容院では、すすぎのお湯だけで90〜100リットルを使うほどで、ヘアケアのためには丁寧すぎると思われるくらいにすすいで丁度よいと考えましょう。

タグ:ヘアケア

シャンプー部分洗いの方法



ヘアケアのためのシャンプー部分洗いの手順です。

1.前髪の生え際は、特にかゆみを感じることが多いので、念入りに洗う。
人差し指、中指を2本立てるようにして、細かく左右に動かしながら洗う。

2.耳の周囲や後ろも汚れがたまりやすく、また、かゆみも起こりがちな部分なので、1.と同様に、人差し指、中指を立てるようにして、こまかく動かしながらまんべんなく洗う。

3.後頭部の生え際は洗い方もおろそかになりがちなので、指先を小さく上下させながら、丁寧に洗う。
髪の長い人は特に気をつけて洗うこと。

4.すすぎは、シャンプー剤が完全に落ちるよう、念入りにすすぐ。
たっぷりとお湯を使い、髪のあらゆる部分に指を入れ、動かしながら、ゆっくりと何度もすすぐ。
特に、耳の周囲や、うなじ、首の部分は丁寧にすすぐこと。

→NEXT:ヘアケア方法とヘアケア商品−商品の選び方と使い方
タグ:ヘアケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。