洗髪後、ただちに丁寧に髪を乾かす



ヘアケアのためにどんなに細心の注意を払ってシャンプーをしても、その後、乾かすときにタオルでゴシゴシと力を入れてこすったり、髪をもんだりしてはなんにもなりません。

ぬれた髪はキューティクルとキューティクルの間に多量の水分を含んでいますから、髪をいためたり、枝毛を作るもととなったりします。

といって、長時間ぬれっ放しのまま放っておくことも、髪のためにはよくないので、シャンプー後にはただちに、しかも丁寧に髪を乾かすことが大切です。

特にぬれた髪のまま寝るのは禁物です。

タグ:ヘアケア

髪の毛を守るヘアドライ その1



●タオルドライ

ヘアケアのためのヘアドライの方法として、まず行うのがタオルドライです。

乾いたバスタオルかスポーツタオルを用意します。

タオルは小さめのものなら2枚使います。

また、新しいタオルは水分の吸収が悪いことが多いので、一度水通しをして乾かしたものを使用します。

1.首からえりもとにタオルを当て、下から上へ向かって軽く叩きながら水気を取る。毛先も同じように、両側からタオルで髪を挟むようにし、強めに叩いて水気を取る。
これを何度か繰り返すことで、水気をあらかたタオルに吸収させる。

2.後頭部からタオルを当て、両端を前へ回して頭全体を包み込むようにし、両側から押す。
こすり合わせたり、もんだりするなど、髪同士の摩擦になるような拭き方は厳禁。

3.髪を包んだタオルの上から軽く叩いて水気を取る。
こうすると水気を無理なく取るばかりか、頭皮にマッサージ効果を与えることもできる。

タグ:ヘアケア

髪の毛を守るヘアドライ その2



●ドライヤーによるヘアドライ

ハンドドライヤーは、必ずタオルドライをしたあとに使います。

ドライヤーの風力や風の温度は弱め・低目にして、徐々に乾かします。

ドライヤーは必ず、頭から離して使うようにします。

あまりノズルを近づけすぎると、髪をいためてしまいます。

また、1箇所に風を固定させず、小刻みにドライヤーを動かしましょう。

髪の内側に指を通し、持ち上げるようにして中まで十分に風を入れると、髪をいためずに地肌まで乾かせます。

●自然乾燥

ソバージュヘアにしている人は、ナチュラルな仕上がりにするため、自然乾燥させるわけですが、この場合は、タオルドライを十分に行って、水気をよく取ってからにし、指先で髪を持ち上げて、地肌を乾かすようにしましょう。

正しいヘアドライでヘアケアをしましょう。

→NEXT:ヘアケア方法とヘアケア商品−頭皮マッサージ
タグ:ヘアケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。