ヘアケア方法とヘアケア商品−頭皮マッサージカテゴリの記事一覧

頭皮をリラックスさせ、新陳代謝を促進



ヘアケアのために、朝晩2回、5分間の頭皮マッサージを心がけます。

健康な髪を作るためには、まず健康な地肌を作ることが大切です。

毛母細胞は、毛乳頭が毛細血管から吸収してくる栄養を元に、髪を作り出していくわけですから、血行がよくなれば、髪にも栄養が行き渡って、健康な髪が生え、脱毛もしにくいのです。

よく、脱毛や薄毛に悩む人は、頭皮が頭蓋骨にピッタリとくっついた感じに突っ張っていたり、固く緊張していたりしますが、これは血液の循環が悪い状態を示しています。

このようなとき、またこういった状況になる前に、朝晩2回、1回5分程度、頭皮のマッサージをする習慣を身につけ、頭の緊張をほぐして、血行を促進しましょう。

これは髪のためだけではなく、気分のリフレッシュ、リラックス、目の疲労回復にも、とてもよい方法です。

マッサージは、ゆったりとした気分で丁寧に行いましょう。

人にやってもらうとさらに快いかもしれません。

自分でできる、ヘアケアのための頭皮マッサージのテクニックをご紹介します。

1.揉捻法=指で小さく円を描くようにして、生え際から頭頂部へ揉みほぐす。

2.圧迫法(スパーク法)=頭皮を軽くつまむように指先に力を入れ、はずみをつけて指を離す。

3.叩打法=頭頂部のくぼみ(俗に脳天と呼ばれる部分)を中心に、手首の反動を使って叩く。

タグ:ヘアケア

頭皮マッサージの手順



ヘアケアに有効な、頭皮マッサージの手順です。

1.首から肩にかけて、親指を除く4指の腹を使って軽く揉む。

2.後頭部を親指と他の4指ではさむようにし、下から上へともみあげる。

3.頸部の両側を片方ずつ親指で下から上へともみ上げる。

4.盆のくぼ(後頭部から首筋にかけての中央のくぼんだところ)から耳の後ろの骨が出っ張った部分の下まで、片側ずつ中指で押す。

5.のどから耳にかけての筋を、下から上へ片方ずつもみ上げる。

6.揉捻法を使って、生え際のあたりから頭頂部へ向かって、両手でマッサージをする。

7.両手を頭の左右に置き、頭皮全体をつまみあげるように、はずみをつけて指で圧迫する。

8.頭頂部を中心に、手首のスナップをきかせて、全体を軽く叩く。

→NEXT:ヘアケア方法とヘアケア商品−シャンプーできないとき
タグ:ヘアケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。